駐車場の経営、管理、借り上げ、コンサルティングから車番読取(ナンバープレート読取)システム、料金精算機など運営管理のパステル

メールマガジン

トップページ  >  メールマガジン  >   » Vol.119・120 本年を振り返って
パステル通信 駐車場メールマガジン

最新号【2019.01.24】

Vol.121 MaaS ①

 ◇今回のテーマ 「 MaaS ① 」です。 △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽  ○1. 年が明けてはや1月が経とうとしています。     皆様いかがお過ごしでしょうか。......続きを読む
メールマガジン一覧へ
  • 納入実績
パーキングシステムのことならなんでもお気軽にお問い合わせください!TEL06-6253-8814 FAX06-6253-8815
お問い合わせ・資料請求
伊丹空港駐輪場
プライバシーマーク
2018.12.11

Vol.119・120 本年を振り返って

◇今回のテーマ 「 本年を振り返って 」です。

△▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽

 ○1. あっという間に1年が過ぎ去ってしまいました。
    
    しかも私事ですが実姉が8月に癌で亡くなり、公私ともバタバタとしてい
    るうちに4回も発行が抜けてしまいました。大変申し訳ございません。

    さて今回は駐車場を取り巻く状況がこの1年でどれほど変わったのか考え
    てみたいと思います。 

    いくつか思いつくままに挙げてみますと
    自動運転、AI、人手不足、キャッシュレス決済、ETC2.0社会実験、シェ
    アサイクル、MaaS・・・
    など枚挙に暇がありません。

    このようなキーワードを眺めていると
    駐車場の今後は、駐車場だけを考えているだけでは駄目だということが
    良くわかります。

    駐車場を取り巻く状況が、地殻変動を起しているといっても過言ではな
    いでしょう。

    しかもこれらのキーワードが相互に関連しているということも注目すべ
    きことです。
    それぞれが独立して存在しているのではなく、相互に深く関係し、ひと
    つの大きなネットワークを形成しているようにも思えます。
  
 ○2.この中で特に注目すべきは、MaaSだと考えます。

    MaaSとは、Mobility as a Service を略したものです。
    多様なモビリティサービスをひとつのサービスとして利用者に提供する
    ことを意味しています。

    かねてから私は駐車場事業は、モビリティサービスの周辺に属する事業
    であり、モビリティの再定義により、駐車場事業も根本から変革を迫ら
    れると考えていました。

    すでに欧米諸国では色々な取り組みがなされています。
    日本でもトヨタ、小田急電鉄等いくつかの企業が取り組み始めています。

    もちろん日本では、MaaSというコンセプト自体まだまだ新参であり、
    今後どのように発展していくかは分りません。

    ただIT技術の進歩はそれこそ時間単位の進歩であり、短時日で多くの革
    新的な変化が現れてくるでしょう。情報収集は怠り無く行い、しかも
    それらの変化が、我々の事業にどのようなインパクトを与えるのか日頃
    から考えておく必要があると思います。

    MaaSは、いわば構造変化です。
    とてつもなく大きな構造変化です。

    駐車場が、MaaSが進展していく中でどのような位置付けになっていくのか
    興味は尽きません。

    今後も継続して観察して参ります。
    次回は、もう少し詳しくMaaSを考えて行きたいと思います。

    
   今回もお読み頂き誠にありがとうございました。

ページのトップへ
大阪の駐車場管理ならパステル
〒541-0059 大阪市中央区博労町4丁目3番2号 オーツグランドビル4階
TEL : 06-6253-8814 / FAX : 06-6253-8815
Copyright © 株式会社パステル All Rights Reserved.