CAR NUMBER READING SYSTEM

車番読取システム

車番読取システムは撮影した車両映像からナンバープレート画像を抽出し、ナンバー情報の文字や数字をデータ化するものです。
セキュリティ用途だけでなく、有料駐車場での出口混雑緩和やマーケティングなどにも活用いただけます。

 

  

 

各種システム例 

有料駐車場でのシステム例

有料駐車場では入口と出口でナンバープレートを自動認識し、事前精算機で精算すると、出口では駐車券を精算機に入れることなく、ゲートバーが上がり出場できる為、出場時間が短縮され、出口での渋滞を緩和することができます。

工場・研究所などでのシステム例

セキュリティ用途では、「人」(IDカード)の入退場管理に加え、入退場する車(ナンバープレート)の情報を自動的に記録します。これにより車を利用する社員や外部車両の入退場管理をより強化できる他、守衛所での手続き業務の省力化を図ることが出来ます。また、出入口に車番カメラを設置することで、防犯の効果も期待できます。

蓄積した入退場履歴は、事故や盗難などが発生した際の車両番号や車両画像の確認をはじめ、各車両の滞留時間や、混雑する時間帯の分析による物流業務の改善にも効果を発揮します。

さらに、「車」と「人」の入退場管理システムを連携させることで、災害などの緊急事態発生時に「どこに」「誰が」「どの車両が」構内に残っているかといった情報をスピーディーに把握することが出来ます。