WIRELESS VEHICLE DETECTION SYSTEM

センサー本体に電池を内蔵し、車両検知をワイヤレス化
在車状況の「見える化」でスマートな運営を

本システムのメリット

① 工期大幅短縮
センサー間の配管配線工事等が省けるため、工期が大幅に短縮できます。


② コストの削減
工事費が圧縮されるので、大きなコスト削減効果が期待できます。


③ 工事中も運営
運営中の駐車場の場合、工事中の閉鎖が不要か比較的短期間で済みます。


④ 地中埋設不要
ループコイルの埋設ができない駐車場でも設置が可能です。


⑤ 省エネに貢献
車両検知センサーは電池で稼働しますが、通常は5年程度(1日10回の入出庫)は交換が不要でメンテナンス性も優れています。



FEATURES

商品の特徴

車両の進入・駐車中・退出を検知して、
ワイヤレス送信

①車両が進入

装置が下に来るまで

②センサーが在車を検知

磁界の変化で検知

③在車信号を送信

センサーからゲートウェイへ

④満空表示を「満」に切替

在車台数が設定台数に到達した時

車室ごとの在否をワイヤレス車検検知センサーで把握して駐車場の満空管理をおこないます。


COMPARISON

従来システムとの比較

10台の駐車場を例に従来のシステムとの価格比較
従来システム
在車台数に誤差が発生
  • 出入口にループコイルを2面埋設
  • 自立型満空灯1台
  • 制御盤(検知器内蔵)1台
  • 設置工事1式(基礎、配管配線含む)
  • 参考価格:210万程度
本システム
正確な台数管理が可能
  • 車室毎にセンサーを10台設置
  • ゲートウェイ1台
  • 自立型満空灯1台
  • 設置工事1式(基礎、配管配線含む)
  • 参考価格:140万程度
  • 一次側電源は出入り口付近にあると想定
  • 両システムの価格比率は3:2で、本システムの方が3割以上安いということになります。
    (収容台数や現場の状況により変動します)

Equipment Configuration

機器構成

①ワイヤレス車両検知センサー

用途 車両検知

  •  様々な地面に設置可能
    (アスファルト、コンクリート、砕石敷)
  •  電池駆動、電池交換可能
  •  検知信号は無線伝達
  •  車両が踏んでも壊れない構造
    (耐荷重:4tまで)


②マルチファンクション

用途 信号中継/外部センサー入力/満出力

  •  3つの機能を1台に集約(同時使用不可)
  •  屋外設置可能
  • 1.リピーターモード
    1. ・ワイヤレス車両検知センサーとゲートウェイ間の距離が100mを超える時
    2. ・建物を挟んだ場所へ信号を伝達させるとき
  • 2.インプットモード
    1. ・有線センサーをワイヤレスシステムに含める場合
  • 3.アウトプットモード
    1. ・ゾーン毎に満空表示灯を接続可能
      (ゾーン設定:最大10台)


③ゲートウェイ

用途 信号受信/設定/満出力

  •  外部接続のインターフェイスは3種類
  •  液晶モニターで設定内容確認可能、動作表示灯付き
  •  センサー登録台数100台


④満空表示灯

用途 満空の表示

  •  周囲の明るさに応じ、自動的に表示面の輝度を調整
  •  見やすい両面表示

SYSTEM PATTERNS

システム運用例

1.基本設置構成

お勧め設置場所

・小規模店舗の駐車場
・前払い式コインパーキング

機器構成

・ワイヤレス車両検知センサー
   ⇓無線接続
・ゲートウェイ
   ⇓有線接続
・満空表示灯

ワイヤレス車両検知センサーとゲートウェイ間が電波到達距離の100m以内の小規模な駐車場にシステム構築可能です。

各車室の地面に設置したセンサーの検知状態が設定した台数に到達。
    ⇓
満空表示灯が【空】から【満】に切り替わります。


2.敷地が広いときや敷地内に建物が存在する場合

お勧め設置場所

・事務所駐車場

機器構成

・ワイヤレス車両検知センサー
   ⇓無線接続
・マルチファンクション(リピーターモード)
   ⇓無線接続
・ゲートウェイ
   ⇓有線接続
・満空表示灯

以下のような場合は、電波の中継が必要です。
・ワイヤレス車両検知センサーとゲートウェイ間が電波到達距離の100mを超えるとき。
・センサーとゲートウェイ間に電波を遮断する建物が存在するときは、電波の中継が必要です。


3.WEBで空き駐車場をリアルタイムに案内

お勧め設置場所

・渋滞が発生しやすい観光地周辺
・イベント仮説駐車場
・道の駅など

機器構成

・ワイヤレス車両検知センサー
   ⇓無線接続
・ゲートウェイ
   ⇓有線接続
・lot無線ユニット
   ⇓無線接続
・sigfox
   ⇓無線接続
・クラウドサーバー

これからは5G通信が普及し、IoTネットワークの活用も進んで行くことでしょう。

上記のプランでは、ゲートウェイからIoT無線ユニット及びsigfoxを介して、車室の満空情報をクラウドサーバー上で収集することが可能です。

それにより例えばWEB上で複数駐車場の空き状況を案内することが可能となります。
(システム要構築)

OTHER SOLUTIONS

その他のソリューション

各種センサーを用いて下記の様なソリューションを提供しています。是非ご覧ください。

各リンク先はOPTEX株式会社様のサイトに繋がります。


①出庫警報システム
設置状況に応じて各種システムで解決します。
詳しくは、こちら
②入場報知システム
カーディーラーなど、お客様が自動車で来訪される店舗で、顧客サービスの向上に活用できるシステムです。
詳しくは、こちら
③物流倉庫在車情報システム
物流倉庫やトラックヤードにおける在車管理で効率的な荷下ろし等が可能となるシステムです。
詳しくは、こちら

このサイトに記載の写真はOPTEX株式会社様より使用許諾を受けています。