メールマガジンアーカイブ

Vol.12 放置駐車違反の取締強化後の状況について2

○1.取締強化後の、駐車動向について
前号でも申し上げましたが、色々な業態のお客様に聞き取りしましても一般的
な傾向は見られないようです。

むしろエリアの特性が色濃く出ているようです。
また駐車場の商圏の場合、せいぜい半径50mから100m程度の圏内の広がりですから
2~3ブロックも離れれば全く別の商圏になるので、よその駐車場の状況もあまり
参考にはならないようです。

-------------------------------------------------------------------------------

○2.ただ色々調べて見ますと、売上が大きく伸びたところにはいくつか共通要因が
あるようです。
もともと路上駐車が多く、駐車需要が盛んなエリアであること。これは必須条件で
あるようです。当たり前ですが需要の無いところでいくら取締りが強化されても
売上増へ動かないのは当たり前です。

大阪市内の北浜4丁目辺りのあるエリアでは、以前は閑古鳥が鳴いて満車など見かけ
たことが無かったのに、今では時間帯によっては満車で、5台以上並んで入庫待ちと
なっているところもあります。

○3.他には、時間と料金に関して分かりやすく明示し、かつ看板類も見やすくしていると
ころが多いようです。

またもともと停めたい訳ではなく、仕方なく停めている人も多いのですから、料金
徴収単位が短い(例えば、60分600円ではなく、20分200円や10分100円)ところのほ
うが、1時間単位では同料金でも先に埋まっていくようです。

○4. 取締強化エリアではないところの傾向
お聞きする範囲では特別な傾向はないようですが、一部の駐車場では少し利用台数
が増えたというところもあるようです。

マインドとして、取締強化エリアで駐車場に停める習慣を身につけた人は、一般的に
言えば、時間貸し駐車場に停める傾向が強まると思われます。

加えて、正確に取締り強化エリアを分かっている人も多いとは思われませんので
大阪で言えば、府下でも大阪市周辺部のエリアでは、時間貸しの駐車需要が多少増え
ている可能性は高いのではないかと思われます。

ちなみに、ホテルの付設駐車場などでは、むしろ飲酒運転罰則強化のほうが影響(マ
イナスの)がはるかに大きく、違法駐車取締強化の影響は殆んどないというところも
あるようです。

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△


○【次号予告】 〈駐車場に関する技術の新動向について〉を予定しています。