メールマガジンアーカイブ

Vol.113 IoTと駐車場ビジネス 1

 ◇今回のテーマ 「 IoTと駐車場ビジネス 1 」です。


△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△


 ○1.5月号を飛ばしてしまいました。失礼致しました。
    実は5月の10日と11日に東京ビッグサイトの展示会・セミナーに参加して
    きました。
    
    IoTに関する展示会とセミナーでしたが実に多くの人が参加していました。
    大げさに言えば時代の大きな潮流を感じるものでした。

    これまで多くのビッグワードが世の中を賑わせては消え、消えては現れる
    というような状況が繰り返されてきましたが、今回のIoTの潮流は、AIと
    並んで時代を作るという意味でとても重要なものであると感じました。

    駐車場業界の中にいると、30年前の技術と今の技術に本質的な差異が無い
    という非常に特殊な世界に住んでいることを忘れがちになります。

    昨日までと今日と、明日からが同じであるような錯覚をいだきがちです。

    しかし今社会は激変しています。
    特にIT技術、とりわけIoT関連、AI関連技術は世界の成り立ちそのものを
    変革する勢いです。    

 ○2.あらゆるものがインターネットに繋がり、AIが活用され多くの現象が自
    動的に分析され、しかもそれを受けて色々な動きが自動化されようとし
    ています。
  
    色々な産業のあり方そのものが根底から覆るかもしれません。

    先日、中古品売買の業界が、メルカリというアプリで壊滅的な打撃を受
    けているという雑誌記事を目にしました。

    今まで自分達が信じていたビジネスの黄金法則が、外部の全く既存業界
    には関係のないIT企業の進出により、いとも簡単に葬り去られる。
    これを悪夢といわずして何を悪夢というのでしょうか。

 ○3.これは駐車場業界とて同じことです。

    今の駐車場ビジネスの基本は、ゲート、発券機、精算機というハードウ
    ア、そしてその消耗品というパーツで成り立っています。

    軒下パーキングやakippaなどに代表されるように近年駐車場業界に殴り
    込みをかけているのは、駐車場とは縁もゆかりも無いIT企業です。
    これからさらに大きな変化が色々と出現してくることでしょう。

    敵は業界の外から思わぬ形で現れ不意をつきます。高をくくっていると
    酷い目に合うでしょう。

    おそらくそこに現れる世界は我々の想像を超えたものになるでしょう。
    だからといって必要以上に恐れることはないでしょう。

    新しい動きを常に冷静に見つめ、分析し、勉強し、行く末を常に考え続
    けること、これが新しい時代に取り残されない唯一の方法だろうと思い
    ます。
    
    恐怖で眺めるのではなく、大いなる好奇心を以って新しい時代にぶつか
    っていくことが必要なのでしょう。

    次回は以上を受けて、少し具体的な話をしようと思います。
     

    今回もお読み頂きまして誠に有難うございました。