メールマガジンアーカイブ

Vol.89 この一年を振り返って(栄真パーキング様の件)

○1.大晦日までまだしばらくありますが、皆様は今年はどんな一年だったでし
ょうか。過ぎてみればなんと一年の早いことかと慨嘆するばかりですが、やはり年のせいだろうと思っています。

逆に言いますと、こんなに早く時間が過ぎるのであれば、出来るだけ密度の濃い時間をすごしたいと思うのも人情でしょう。

仕事は、時間内でアウトプットをしっかり意識しながら効率よくやり遂げOFFは私生活を充実させるのがやはり重要です。

流行の「ライフワークバランス」というあれですね。

さて本題ですが
今年、仕事関係で一番印象に残ったことは何かと考えていましたらあることがふっと頭に浮かびました。

ごく最近のことだからという訳ではなく、本当に衝撃的で印象的だったのでここでお話します。

11月の下旬ですが、東京に出張をしました。
その際、業界誌で紹介されていた池袋のとある駐車場を訪問しました。

その駐車場は、「栄真パーキング」様です。

WACCA IKEBUKURO という複合ビルの地下にある駐車場です。
私は業界誌の紹介記事を読んで、少し大げさに言えば衝撃を受け社長様宛お手紙を書き、是非見学をさせて頂きたいとお願いしました。

数日後、館長様から、社長からのご指示ということで快く見学を受け入れてくださるという趣旨のメールを頂戴しました。
失礼を省みない厚かましい私のお願いを快く受け入れていただき大変感激いたしました。

○2.ここで栄進パーキング様のご紹介をします。
現場で取らせていただいた写真も何枚か添付しましたので合わせて御覧ください。

予備知識無しに、まず写真を御覧ください。
どんな印象をお持ちになりましたか。
こんな駐車場初めてだ、という感想が一番多いのではないかと思います。

アートフルで温かくておしゃれで、しかもユーザーフレンドリーな、まさに「こんな駐車場欲しかった」という駐車場です。

しかし、見た目だけではありません。
この駐車場は、
本当に利用者のことを考え、駐車場事業を真剣に考えた結果のすばらしい「結晶」なのです。

〇3.では少し具体的にお話しましょう。
まず施設概要です。

写真を御覧になって「とても明るい」とお感じになりませんでしたか。
それは壁を白く塗装しているからです。

普通は汚れの除去を定期的に行なわなければならないので白は避けます。そこを敢えて白にされている所に強い意思を感じます。

実際、案内いただいた執行役員の渡邉様によるとそれは社長の強い御意思あったたことが分かリました。

立て替える前の駐車場は立体駐車場で車室が地上階にあったので外光が差し込み明るかったので、暗く陰気な駐車場にはしたくなかったということです。

また写真でもお分かりのように、地下何階に駐車したかが分かるようにフロアごとにシンボルカラーを決めてカラーリングをされています。
それだけなら他の駐車場でも階毎にカラーリングを変え、駐車した場所を思い出しやすくしています。

しかしこちらは単純にカラーリングを変えるというにとどまらず、プロの写真家の方の写真を利用してカラーリングするという工夫をされています。

太陽や星や植物など原色をうまく捕らえた写真がとても効果的でしかも心が和らぐ印象を与えてくれます。

以上のように色遣いひとつ取っても大変利用者本意に考えておられます。

このまま続けると長くなりすぎますので、続きは次回1月号とします。

この一年を振り返って、というお題でしたが少し横道にそれたままとなりましたがご容赦下さい。

我々にとってやはり利用者本意の駐車場実現がとても大切なことですのでもう少しお付き合い下さい。

メルマガ読者の皆様、本年も大変有難うございました。
どうか良いお年をお迎え下さい。


今回もお読みいただき誠にありがとうございました。


△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△


○【次号予告】 次回1月号のテーマは「 栄真パーキング 2 」です。