メールマガジンアーカイブ

Vol.20 駐車場と地域社会3

○1.  今回も引続き「駐車場と地域社会」のテーマです。

今回は、「駐車場事業と社会貢献」と「駐車場と地域社会」という2つの
テーマが交錯するところで、少し具体的なお話をしたいと思います。
言い換えれば「駐車場事業が地域社会の中で果たしうる社会的貢献とは
何か」ということです。

事業であれば、収益性を最大の関心事として運営することは間違いがな
いのですが、それだけでは極論すればどんな手段を使っても、反社会的
な傾向があっても、儲ければ良いのだという方向につながりかねません。

我々は営利事業を展開する中で、その事業が広い意味で社会の発展ある
いは市民生活の利便性向上に寄与するという視点を忘れてはならないと
思います。

それも、結果的にそうなるのではなく、意識してそのように企業活動を
展開することが必要ではないかと思います。


○2. それでは少し具体的に考えてみましょう。

我々は駐車するスペースを提供するだけで良いのか。単なる場所貸しで
良いのか。

都市交通の中で、駐車場という器が果たすことのできるもっと多様な役
割はないのか。

自動車だけではなく、可能であれば自転車、バイク、人との共存が可能
な地域社会のターミナル的な機能を果たすことはできないだろうか。

駐車場が、地域から独立しているのではなく、近隣の各種事業者、個人
組織と連携して地域共通の課題に取り組むことはできないのか。

駐車場事業者は大半が営利事業者であるが、NPOという法人形式によって
解決すべき課題は多いのではないか。
あるいは営利事業者とNPOなどが連携しておこなうべきことも多いのでは
ないか・・・・・

等と考えています。


○3.  更に具体的な議論となると、なかなか難しいところもありますが、
日々事業をおこないながら、このような視点でものを考えるようにして
いくと、新しい風景が見えてくるかもしれません。

このテーマに関しご意見などございましたら、ぜひ下記アドレスまでお
寄せください。

qst@pastel-inc.com


△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△


○【次号予告】 次回は未定ですが、新しいテーマにしたいと思います。